【手荷物・国内線】飛行機内に持ち込んでも良いもの/ダメなもの

国内線の機内持ち込み条件


国内線の機内持ち込み手荷物は航空会社ごとに条件を設けています。機内に持ち込みできないものについてのルールや持ち込める個数の条件についてはほぼ同じですが、荷物の重量・サイズは航空会社によって違います。持ち込める個数は身の回り品と手荷物がそれぞれ1つずつというのが基本です。

 

ハンドバッグや傘は身の回り品、ショッピングバッグや空港で購入したお土産は手荷物と解釈される傾向があります。ただ、特に明確な境界線を設けず、機内持ち込みをするバッグや携行品が2つ以内という形で判断するのが一般的になっています。

 

機内持ち込み手荷物の重量については2つの荷物の合計が10キログラム以下、または7キログラム以下になっています。JALやANAなどでは10キログラム以下、ジェットスターやピーチ航空などでは7キログラム以下です。重量については追加料金を支払うことで増やせる場合があります。

 

機内に持ち込みできないもの


国内線の機内に持ち込みできないものは基本的に凶器になる可能性があるものと、危険性が高いものです。

 

ハサミ、カッター、アイスピック、ダーツの矢、ドライバー、ドリル、スパナ、レンチなどの工具、バットやゴルフクラブ、木刀や釣り竿なども凶器になるリスクがあるので機内への持ち込みが禁止されています。

 

また、スプレー缶類(化粧品類、衣料品類を除く)、毒物を含む殺虫剤、火薬を使用した花火やクラッカーは機内持ち込みも預け入れどちらも禁止されています。

 

注意しなければいけない手荷物


機内持ち込みをするときには注意が必要なものがあります。持ち込めるかどうかの判断が難しいものや、持ち込んだときに管理の仕方で注意しなければならないものがあるので確認しておきましょう。

 

国際線では液体物の持ち込みに厳しい制限がありますが、国内線の場合には危険性のある液体でなければ持ち込めます。ペットボトル飲料や化粧品なども持ち込むことが可能です。また、アルコール類については度数が70%以下であれば持ち込めますが、24%を超えるアルコール類は1人あたり5リットルまでに制限されています。度数の高い焼酎や泡盛を一升瓶で3本持ち込むと制限にかかってしまうので注意が必要です。

 

水漏れを起こすリスクがある海産物や漬物などについては、機内に持ち込んだら収納棚ではなく足元に置くのがルールです。水漏れを起こして他の荷物を汚してしまうとトラブルになるので、収納棚に入れる荷物の中には液体物を入れないようにしましょう。

 

安全な空の旅のために


国内線の機内持ち込み手荷物は個数が2個以内というのはどの航空会社でも同じですが、重量とサイズについては個々に異なるので注意しましょう。

 

また、凶器になるリスクがあるものは持ち込みが禁止されています。もし持ってきてしまったら破棄するか、預けなければならないので注意が必要です。国内線では国際線と違って液体物を持ち込めますが、頭上の収納棚には置かないのが原則になっています。このような細かなルールもあるので、荷物をまとめるときには気を付けましょう。

 

国内線の機内持ち込めるもの・持ち込めないものの判断は国土交通省が公開しているルールに従えば問題ありません。機内持ち込みをして大丈夫かどうか迷ったときには、国土交通省のガイドラインを確認して判断しましょう。



molnについて


moln(モルン)は、一人ひとりの旅を作るためのブランドです。細部までこだわったスーツケースをはじめ、地球の旅をゆたかにするお手伝いをします。

molnのスーツケース一覧はこちら