【手荷物・国際線】飛行機内に持ち込んでも良いもの/ダメなもの

国際線の機内持ち込み条件


国際線の機内持ち込みの条件は航空会社ごとに定められています。一般的にコードシェア便の場合にはルールが厳しい航空会社の条件か、使用する機材の制限によって決まる仕組みになっています。

機内持ち込みできないものや注意が必要なものについては後述しますが、基本的に機内持ち込み手荷物は重量、サイズ、個数によって規定されています。

 

例えば、ANAの場合には機内持ち込み手荷物の重量は10キログラム以内です。サイズは3辺の和が115cm以内で、55cm×40cm×25cm以内というのが条件になっています。手荷物のサイズにはバッグの取っ手やハンドル、キャスターなども含まれるので注意しましょう。また、個数については身の回り品以外は1つだけ持ち込むことができます。身の回り品にはハンドバッグやカメラ、傘などが含まれますが、空港で購入した手土産などは含まれません。


一方、ジェットスターの重量制限は7キログラムが標準で、追加料金によって14キログラムまで持ち込めます。機内に持ち込めるサイズはキャリーケースなどについては56cm×36cm×23cm以内、スーツカバーなどについては114cm×60cm××11cm以内です。

 

機内に持ち込みできないもの


国際線では危険性があるものは機内持ち込みができません。ハサミ、カッター、ナイフなどの鋭利な刃物はすべて機内に持ち込めません。アイススケート靴も禁止されています。ドライバーやニッパー、ハンマーなどの工具類や、ゴルフクラブ、バット、スキーストックなども凶器になる恐れがあるので持ち込み禁止です。


機内持ち込みだけでなく、預ける荷物としても禁止されているものもたくさんあります。爆発性や引火性、発火性や有毒性がある物質は全面的に持ち込めません。身近なものでは花火やクラッカー、カセットボンベやエタノール、殺虫剤や酸素スプレーなどが挙げられます。オイル充填式の携帯カイロや漂白剤も持ち込めません。

 

国による違いもあり、例えば、アメリカではトナーカートリッジやプリンターカートリッジについて500gを超えると持ち込めません。アメリカ着路線やバンクーバー発路線では350ml以上の粉類の機内持ち込みが禁止されています。中国発路線ではアルコール消毒液も含めてあらゆるアルコール含有製品を機内に持ち込むことができません。

 

注意しなければいけない手荷物


国際線では機内持ち込みができるけれど、注意しなければならないものもあります。最も注意が必要なのが液体物です。液体物の持ち込みについては国際線では世界標準ルールがあります。100ml(g)を超える容器に入った液体物の機内持ち込みはできません。預け荷物であれば問題はありません。

 

そして、手荷物として機内持ち込みをするには液体物の陽気を1L以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れることが必要です。密封できるジッパー付きの袋でなければならず、ただの透明袋の口を縛っても認められません。目安としては20cm×20cmのマチがないジッパー付き袋が利用できます。すべての容器を袋に入れて、口を閉じることができる範囲で機内に持ち込むことが可能です。

 

安心な空の旅のために


国際線で機内持ち込みができる手荷物は重量・サイズ・個数による条件が定められています。基本的に航空会社ごとにルールを定めているため、航空便を予約する前に確認しておくのが大切です。

 

航空会社によっては追加料金によって持ち込める量が増える場合もあるので、たくさんのお土産を買って手荷物で持ち込みたいときなどには機内持ち込みの料金体系を確認すると良いでしょう。国際線では持ち込み禁止の荷物が発着の国によって違います。危険物だけでなく、粉類なども制限を受けることがあるので、国際線を利用するときには国による違いを意識しましょう。

 

また、液体物の持ち込みについても厳しい制限があります。何が液体物に該当するかは航空会社が明示しています。詳しくチェックしてから荷物を準備しましょう。


molnについて


moln(モルン)は、一人ひとりの旅を作るためのブランドです。細部までこだわったスーツケースをはじめ、地球の旅をゆたかにするお手伝いをします。

molnのスーツケース一覧はこちら