【飛行機・フライト】国際線乗り継ぎで注意したいこと

乗り継ぎに余裕を持って予約する

 


実際に乗り継ぎ時にはどの程度余裕が必要でしょうか。国際線の乗り継ぎには最低でも2時間は必要となり、航空券を自己手配する際は乗り換え時間を考慮し余裕のある便を選択することをお勧めします。

 

乗り換え前の便が予定通り到着すれば問題ありませんが、何かしらのトラブルにより到着が遅れる場合もあります。その際に乗り換え先の便に乗り遅れてしまうこととなります。加えて注意したいのが、別々の航空券を自己手配し、航空機の遅延により乗り遅れた場合でも補償は受けられませんのでご注意ください。

 

その他にも予約前に確認するべきことはあります。それは乗り継ぎ先の空港での荷物の預け直しです。予約した便や乗り継する先の空港によっては荷物預けに時間を要したり、荷物預けの場所が離れている場合もあります。

 

以上のことを踏まえて国際線の乗り継ぎを予約する際は乗り継ぎ時間を自動計算する予約サイトを利用すると良いかもしれません。このような予約サイトを利用することにより航空機を効率的に手配することができて無駄な時間を削ることができます。また航空券の乗り継ぎミスを防止することもできるかと思いますので、是非航空券予約サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

 

乗り継ぎ用の搭乗券を受け取る場所を確認する

 


国際線の乗り継ぎの際に忘れてはならないのが予約した航空券の受け取りです。せっかく余裕をもって乗り換え便を予約したのに、搭乗手続き直前に航空券の受け取りを忘れていた!受け取り場所を探していたため、乗り継ぎに間に合わなかった!なんてトラブルにならないように確認しておくことが大切です。

 

特に乗り継ぎの前後で別の航空会社を利用する際には注意が必要です。乗り継ぎの前後で同じ航空会社を利用する際は出発空港にて、乗り継ぎ便の航空券を発券することが可能ですが、別会社と乗り継ぎ先の空港で発券が必要となります。搭乗券の発券に対しては、まずは発券する場所を確認することが必要となります。

 

更に乗り継ぎ先の空港で航空券を発券する際は、一旦入国する必要があります。入国するとなると入国審査や荷物の引き取り、その後は乗り継ぎ便へのチェックインや手荷物検査、再度の手荷物預けが必要となります。

 

このように乗り継ぎ先での搭乗券の発券有無によって、手続きの流れが大きく変わってきますので、乗り継ぎ先空港での搭乗券の受け取りに関しては事前に調べておくべき事項となるでしょう。現在はスマホで海外の空港の構内図を調べることも簡単にできます。

 

使用する航空会社が異なる場合

 


本当は同じ航空会社で乗り換えをしたかったけど他社便を使用することになってしまった!ということもあるかと思います。そこでここでは他社便へ乗り換える際について記述していこうと思います。

 

まず他社便へ乗り換える際は乗り継ぎ空港で入国が必要となる場合があります。乗り継ぎの空港によっては入国が不要となる場合もあります。一旦入国が必要な場合は誤って乗り継ぎへは進まず、非居住者の列に並び入国審査を行います。

 

こちらもケースバイケースとなりますが乗り継ぎ先空港で預けた手荷物受取が必要な場合があります。慣れない海外の空港でトラブルが発生しないように誤って自分以外の手荷物を受け取らないよう、受け取った際は自分の荷物かよく確認しましょう。その後は乗り継ぎカウンターでチェックインとなります。

 

こちらで次の目的地までの航空券を受け取る場合もあるようですので、チェックインしたからといって油断をせずに受け取りを忘れないようにしましょう。ここからは一旦乗り継ぎ先の空港にて入国された方が対象となりますが、乗り継ぎ便に搭乗するためには出国が必要となります。こちらも時間を要するかと思いますため、時間に余裕をもっておきましょう。

 

乗り継ぎに失敗してしまった場合

 


どんなに事前準備をしていても乗り継ぎに失敗してしまった!ということもあるかと思います。異国の地で乗り換えに失敗してしまうとパニック状態になってしまうかと思います。そのためにも事前に、仮に乗り換えに失敗してしまった際の対応を考えておきましょう。

 

まず乗り換え前後で同じ航空会社を利用した際は航空会社から補償を受けられる場合もありますので、同じ航空会社を利用される方はその点について確認しておくことをお勧めいたします。反対に個人で別の航空会社で予約した場合は残念ながら補償を受けることができません。

 

これは例え搭乗者の責任で乗り遅れた場合以外(乗り継ぎ前の便の遅延など)でも補償を受けることはできません。このような事態に陥ってしまった際はチェックインカウンターなどで振替便への交渉をすることとなります。不幸中の幸いで振替便が見つかれば問題ないですが、バカンスシーズンは混雑していることもあり、場合によっては振替に半日以上待機させられることもあります。

 

航空券の払い戻しもできず、乗り継ぎ先の空港で予定以上に待機させられることは非常に大変なこととなります。こうならないためにも余裕をもった乗り換えが大切ですね。

 


molnについて

moln(モルン)は、一人ひとりの旅を作るためのブランドです。細部までこだわったスーツケースをはじめ、地球の旅をゆたかにするお手伝いをします。

molnのスーツケース一覧はこちら